勤怠管理システムは組織の良識があってこそ

会社の従業員の勤務状況を管理する方法の1つに勤怠管理というのがあります。この管理は各従業員が何時に出社して何時に退社したか、何日に出勤して何日に欠勤したかなどの記録がとられます。そしてそれらの記録を元に人事課や総務課の人は各従業員の勤務評価をしたうえで給与の査定に反映をさせます。その管理をするためのこれらの記録は会社によって様々で単なる記録簿につけるだけのところもあれば、タイムレコーダーにカードに記録するところもあります。なお後者のタイムレコーダーの場合はその種類も様々でカード挿入方もあれば、近頃はICカードをかざして連動しているパソコンのソフトなどに記録するモノまで様々あります。さらに会社によっては従業員が終日出張先へ直行してそのまま会社に戻らず家に直帰することもあります。そのような場合でも記録が付けられるように携帯電話などから送信をすることで連動するソフトに記録を付けられる種類もあります。このようなハイテクのソフトと連動しているようなレコーダーを利用すると総務課など記録を管理をする職員の負担軽減に貢献します。ただこれらの記録の打ち込み管理は会社の組織が労働管理をまともに管理してこそとなります。サービス残業などが日常茶飯事行われているような会社、労働管理がまったくできないような黒い会社などは幾ら最新のハイテクタイムレコーダーを導入しても全く意味を成しません。タイムレコーダーはあくまでも単なる人間の補助手段の範囲を超えることはありません。

職場における勤怠管理の実情

働きすぎると言われてきた日本人の総労働時間数も、平均1800時間を切るようになってきました。サラリーマンにとって、所定外給与である残業手当は給与所得の重要な部分を占めており、所定外でありながらも生活給であるところが否めません。一方で、使用者側としては人件費を節減するために残業をしないように、就業時間内に仕事が終わらないのは能力に問題があるという評価をするようになってきています。そのため、持ち帰り残業が行われ、表面的には残業が行われていないはずなのに、サービス残業の温床になっています。使用者は、労働者の労働時間を把握し、きちんとその分の割増賃金をつけて給与を支払うとともに、労働者の健康に配慮しなければならないことになっており、そのために勤怠管理があります。現在は、勤怠管理は実施しながらも、本質的な意味が失われてきています。

勤怠管理を導入する企業

勤怠管理のシステムを導入している企業数は、着実に増加しているのではないかと推測されています。この傾向は多くの地域で確認されるようになってきており、効果的に勤怠に関する管理がなされていると言えるでしょう。また、恒常的に勤怠管理を展開することによって、給与計算などがスピーディーになされることにも繋がっていく認識されているため、意欲的に導入しようとする企業の数が増加しているのではないかとみられています。このような動向は、今後も継続的に確認されていくことが見込まれており、一層勤怠管理が普及するのではないかと推測されています。勤怠を常に管理しながら、業務を効率的に進めたいと検討する企業の割合も着実に高くなってきているとされていることから、こうした傾向がより鮮明なものとなっていくことに対して強い期待が寄せられるでしょう。