タイムカードによる勤怠管理の問題点

今まで多くの企業ではタイムカードを用いた勤怠管理が導入されてきました。これは出勤時と退勤時にタイムカードを専用の機械に通すことにより時刻を打刻する方法です。しかし、タイムカードを用いた運用には問題が二つ存在しています。一つ目は、タイムカードというアナログ媒体を集計するのは大きな手間が発生してしまうということです。総務や経理を担当する部門には、集計のたびに莫大な量の仕事が降り注いてしまうことになります。二つ目の問題は、タイムカードは内容の改ざんが行えてしまうということです。機械にタイムカードを通すだけで時刻の打刻が行えてしまいます。つまりこれは必ずしもその打刻を本人が行ったかどうかということを確認することが出来ません。これは会社が社員の勤務状況を把握するという勤怠管理の意味を成さなくなってしまいます。タイムカードでの勤怠管理を行う場合にはこういった問題点に注意する必要があります。

企業の勤怠管理の必要性

企業の勤怠管理としての必要性は、年々高まっております。その理由はいくつかありますが、長期労働の把握、賃金の正確性などです。長期労働がしっかり把握できていないことで、労働基準局からの指導はもちろんのこと、悪い評判がたち、新入社員が入ってきません。また、労働管理ができていないと正しく賃金に反映できません。勤怠管理方法としては、以前はタイムカードでしたが、それでは打刻して時刻は変更できませんが、後で人間が入力したりする必要がありますし、常に労働時間を管理できません。最近では、タイムカードと機械をネットでつなげて管理する方法も開発され、集中管理できるタイムカードシステムがあったりします。また、事務系の仕事ではパソコンにインストールできる勤怠管理システムが導入されたりしており、企業が社員の労働時間を管理できるようになっております。

勤怠管理システムの導入

昔は、朝から働き始め、日が沈む頃には仕事をやめて帰るというのが日本の働き方でした。しかし、産業構造の変化などから、夜に働くパターン、長時間働くパターン、短時間労働のパターンなどいろいろな労働パターンができてきました。タイムカードで時間を打刻するという従来の方法もありましたが、それでは、カードの時刻を再計算して労働時間を算出したりして給与に反映させねばならなかったり、その日の労働時間が管理できないというデメリットがありました。そのデメリットを解消したのが、ネットによる接続です。タイムカードの打刻した時刻を本社のサーバに送信して常に集中管理できるシステムにします。そうすることで常に総労働時間を把握し、勤怠管理へつなげます。カードではなく、パソコンから時刻を入力する勤怠管理システムも導入されております。